中村恵卒業公演《よわいちから》ご来場ありがとうございました

中村恵卒業公演、終演しました。ご来場の皆様、ありがとうございました。また、来場者数の読みが甘く、急遽座席を追加したものの間に合わず、大勢の方々に立ち見で観ていただかざるを得ませんでした。新作の上演時間が大幅に延びたことも相俟って、大変苦痛な思いをおかけし、申し訳ありませんでした。
よわいちから写真.jpg

posted by コモン at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

成田国際高校演劇部・中村恵卒業公演《よわいちから》

2014年度・2015年度と2年連続関東大会への出場をはたした中村恵が本校を卒業するにあたり、卒業公演として『繭の中』(2014年度関東大会出場作品)を上演します。『繭の中』上演の機会は、これが最後になるかと思われます。また新作の『よわいちから』も併せて上演します。

みなさまお誘い合わせの上ご来場くださいますようお願い申しあげます。

よわいちからチラシ

日時:
2017年3月25日(土)
13:30〜 開  場
14:00〜 演劇新作『よわいちから』
14:45〜 休  憩
15:00〜 演  劇『繭の中』(上演時間60分)

場所:
もりんぴあこうづ(公津の杜コミュニティセンター)
2階ギャラリー



入場無料

上演作品:
『よわいちから』
キャスト:中村  恵(成田国際高校>>>多摩美術大学演劇舞踊コース進学予定)
     佐伯 七海(成田国際高校>>>法政大学社会学部進学予定)
     大西 一希(成田国際高校>>>日本大学藝術学部演技コース現3年)
     添田  輝(成田国際高校>>>明治大学文学部演劇学専攻現3年)
     十鳥美代子(柏陵高校美術教員)
『繭の中』
キャスト:中村  恵(成田国際高校>>>多摩美術大学演劇舞踊コース進学予定)
     赤尾 千夏(成田国際高校現1年)

内容:
今回の上演作品は、旧作『繭の中』と、新作『よわいちから』の2作品。

2014年度高校演劇関東大会出場作品『繭の中』は、津波が来ても逃げなかった、ある「よわい」、ひきこもり少年のはなし。またこの作品では、世界「最弱」のヒーローであるアンパンマンが重要なモチーフになっている。

そして新作『よわいちから』。

ちかごろでは、よわいものいじめとか、弱者切り捨てとかが、あたりまえのように、平然とおこなわれている、ようにみえる。
うっかり弱音でも吐こうもんならすぐさま、どっからか、なに弱音なんか吐いてるんだ、という声がとんできそうだ。
相模原障害者殺傷事件とか。福島避難生徒へのいじめとか。NHKの貧困女子高生へのバッシングとか。それから、貧困に陥るのは本人の努力が足りなかったせいだ、とする自己責任論とか、はたまたそれにもとづく生活保護受給者への攻撃とか。

ニッポンでは、6人に1人の子どもが貧困状態で、毎年3万人が自殺で死んでいるそうだ。

あからさまに「よわさ」を排斥する社会の、いきぐるしさ・いごこちのわるさ。

だから「よわさ」や「もろさ」、「きずつきやすさ」の復権をめざしたい。老子とともに「強大處下、柔弱處上。(つよいは下で、よわいが上。)」といおう。弱虫万歳!

続きを読む
posted by コモン at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする