2016年01月21日

朝日新聞に1.23成田公演が紹介されました

朝日新聞20160121.jpg

戦争の記憶伝える 成田国際高演劇部が関東大会へ

岩城興
2016年1月21日03時00分

さくら公演.png
「ジャスミンティの頃」を演じる中村恵さん(左)と佐伯七海さん。
少女のおしゃれ心も描かれ、照明担当の大類加奈子さん(2年)は
「考えさせられるけど、暗いだけじゃない。戦時中でも、人の暮ら
しや思いは今と変わらない」=佐倉市


 県立成田国際高校の演劇部が今月末、2年連続で高校演劇の関東大会に出場する。昨年の戦後70年を機に書いたオリジナル脚本「ジャスミンティの頃」を上演する。テーマは「戦争体験と、その記憶の継承」。せつなくも心温まる話になっている。大会に先立ち、23日に成田市で公演する。
 「(社会から)色がだんだん無くなっていく、それが戦争」――。佐倉市で16日にあったプレ公演。戦争の本質を突くセリフに、会場の空気が張り詰めた。
 舞台は、戦後70年の夏。祖母の家に入り浸る拒食症の中学生しおり。認知症の祖母からは時々、なぜか「さとこちゃん」と知らない名前で呼ばれる。そして切れ切れに戦争中の体験が語られる。しかし深刻な場面だけでなく、少女のおしゃれ心や友情も描く。
 脚本は昨夏、顧問伊三野(いさの)友章教諭(53)が、しおり役の部長中村恵さん(2年)、祖母役の佐伯七海さん(同)と書き上げた。戦争についての本約30冊に目を通し、実際に体験談も聞いた。女学校時代、工場に勤労動員された佐倉市の女性、機銃掃射を受け目の前で友達を失った山武市の男性の話を下敷きにした。
 戦争の体験者が次々と亡くなるなか、後の世代がその記憶を引き継ぎ、子孫に伝える段階に来ている。伊三野教諭は「生徒は演じることで、それを自分のものにし、同時に伝える役割を果たしている」と話す。
 演劇部員は部長の中村さんだけで、佐伯さんは軽音同好会。照明や音響などは、軽音同好会と書道部の計5人が引き受けた。混成部隊だけど、昨年9月の地区発表会以来のメンバーで息はぴったり。同11月下旬の県高校演劇研究中央発表会(県大会)で優秀賞第1席のほか、舞台美術賞などを獲得。今月30、31日に茨城県龍ケ崎市である関東大会(南会場)に駒を進めた。
 戦争の記憶を引き継ぐことに、佐伯さんは「演劇部を手伝ったからこそ出来た体験。演技は難しいが、本番では自然体で臨みたい」。中村さんは「あの時代のことを、前よりは自分の頭で考えられるようになった。戦争を知らないからこそ、一人ひとりの記憶を伝えたい」と話している。
 成田でのプレ公演は23日午後3時半、JR成田、京成成田駅前のスカイタウンホールで開演。入場無料。問い合わせは成田国際高校(伊三野教諭、0476・27・2610)へ。(岩城興)

さくら公演2.png
posted by コモン at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: