2014年03月30日

3・30映画×朗読劇『帰りたい。けど、帰れない。
−原発事故から三年、故郷を喪失し、家族が離散する現実。−』



  • 日   時 2014年3月30日(日)13:00開演(12:30開場)

  • 場   所  成田市民ホール〈成田公民館3F〉(JR成田駅[東口]から徒歩約13分)

  • 参 加 費 無料(なお当日は受付にて福島原発震災被災者支援のため募金活動を行う予定です。)

  • 内   容
  • 13:00-15:00 〔映 画〕『飯舘村 −放射能と帰村−』(土井敏邦 監督)
    15:15-16:30 〔朗読劇〕『空の村号』<第48回斎田喬戯曲賞受賞作品>(篠原久美子 作)


    映画『飯舘村 −放射能と帰村−』【解説】
    『沈黙を破る』を筆頭にジャーナリスト活動を通して故郷と土地を奪われたパレスチナ人の“痛み“を伝え続けてきた土井敏邦監督による社会派ドキュメント。3.11から2年の時を経た現在、大震災と大津波、そして放射能により故郷と住む場所、仕事の場を失った飯舘村の人々の心境を映し出す。飯舘村民たちの切なる願いとその言葉が胸を打つ。(ぴあ映画生活より)

    『飯舘村 ─放射能と帰村─』予告編


    朗読劇『空の村号』【あらすじ】
    楠木空(小学校5年生)は酪農家の長男で、とくに夢はない。
    原発事故後、変わっていく村と家族。
    どっかに世界征服をたくらむ悪の組織があって、それをやっつければ、
    平和が戻ってくると空は信じたかった……(児演協『震災後の児童・青少年演劇を考える合同公演』チラシより )
    posted by コモン at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年11月16日

    2013.11.16 成田国際高校演劇部自主公演のお知らせ

    SSBD20131116.jpg

    • 日   時 2013年11月16日(土)14:00開演(13:30開場)

    • 場   所 成田国際高校 文化ホール(JR成田線成田駅から徒歩10分・京成線京成成田駅から徒歩12分)

    • 参 加 費 無料

    • 演   目 日韓バイリンガル演劇『Same Same but Different』(伊三野友章+成国演劇部=作)
    posted by コモン at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年06月05日

    千葉県高校演劇第7地区春季地区発表会参加

    Draw-a-Line.jpg
    6月8日(土)9日(日)の2日間、千葉県高校演劇第7地区春季地区発表会が成田市民ホール(成田市成田公民館3階)にて行なわれます。本校の発表は8日(土)12:00〜。演目は『ドロー・ア・ライン』(作=成国演劇部)です。

    『ドロー・ア・ライン』は、つぎの5つのショート・ストーリーからなる、《境界線》をテーマとしたオムニバスです。
    01 DRAW A LINE | 線を引く
    02 GOOD FRIENDS | 親友
    03 IT'S OUR TERRITORY! | ウチらの!
    04 STAY AWAY FROM ME! | 入ってこないで!
    05 BROTHERS' WAR | 兄弟戦争
    posted by コモン at 15:06| Comment(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする